特別記事

まとめてみました「熱海駅から徒歩で楽しむコース」 

静岡県の東の入り口『熱海駅』
熱海駅って、駅を出た瞬間に「遊びに来たぞ~!」って気分になるのはワタシ(Michi)だけ?

しずふぁん!!ライターが各々の目線で取材した熱海を、せっかくだから
【熱海駅から徒歩で楽しむコース】と勝手に題して、まとめちゃいましたよ。

住所を書いても土地勘ないとわかりにくいよねー。
だから地図に番号ふってみたけど、ビミョー(?)

アナログな方法・・・やっぱり手作りがわかりやすいかと思って(という自己満足)。

①から⑦まで、お散歩気分で行ってみましょ!


①藍花(あいばな)

熱海駅を降りて、平和通り名店街を通って思いっきり観光気分になりつつ、まずは私ならコーヒーだな

静岡茶とおなじぐらいコーヒー大好き。普段は面倒だからインスタントで済ませちゃうから、
こんな時くらい、ちゃんとしたのをいただきましょうよ。ライターよっしーが言うにはお店で自家焙煎を
しているんだって。この焙煎機械、大人の身長ぐらいあるらしいよ!


②やっぱ海でしょ

コーヒー飲んで、落ち着いたところで坂道を下っていけば熱海の絶好ロケーション『親水公園』
海岸線がずーっと整備されていて、恋人の聖地となっているスポットもある。
デートにぴったりじゃん、よっしー1人で歩いたのかと思うと・・・切ないわ~。

そういう私も1人で歩きましたけども。

①藍花 ②親水公園の詳しい記事は→「夏を先取り!熱海で”涼”をさがそう


③BONNET(ボンネット)

あぁ、憧れのボンネット!海から5~10分歩けば到着。
だけどワタクシ行ったことがないので、説得力に欠ける。

ライターmatsuから聞いたことだけど、かの三島由紀夫が愛した”ハンバーガー”が食べられるって。
歴史上の人物と接点が持てるような気分になるんだろうなー。

詳しくはこちら→「これが三島由紀夫の愛したハンバーガーだ!!


④起雲閣

ボンネットを訪れていた三島由紀夫とか、他の文豪たちも宿泊したという。
建物からの庭もとってもキレイ!それだけじゃなく、調度品というの?家具なんかも歴史を感じる。
和洋折衷っていうのがハイカラだな~。

詳しくはこの記事を→「大正・昭和の浪漫あふれる名邸にようこそ

はい、地図を確認してくださいね。④起雲閣を出発して⑤までは結構歩くんだけど、
距離が長いのが辛いのではなく、そうですここは熱海、坂が急すぎて・・・・きついっ!
ペタンコ靴で歩くのをオススメしますよ。


⑤パン屋さん

『あさ』という店名と関係あるのかないのか、7:30からオープンしているパン屋さん。
パンって割と高価だよな~って最近思うけど、ここのパンは嬉しいお値段なんだって(by ライターRamPs)

常連さんには欠かせない「いつもの味」になってるんだろうね。
ご主人の娘さんの表情がたまらない!

詳しくはこちら→「1万歩漂流記2 vol.1【熱海・来宮】-JR伊東線・伊豆急行線の旅ー

⑤パン屋さんを出て、来た道を戻ると・・・


⑥来宮神社

ここはバッチリこの目で拝みました「来宮神社の大楠」
樹齢2000年を超えるというから、なんていうか感無量。いつまでもボーっとしてしまう。

パワースポットとしても既に有名だけど、ぜひ自分の肌であの空気を感じてほしいな。
そして2012年に向けて新たなパワーを蓄えたい。


⑦老舗『一楽』

来宮神社で背筋をシャキーンとさせたら、熱海駅方面に戻って、おいしい和菓子をいただきましょ。
ついつい多めに買ってしまうこと間違いなし。

甘いものって疲れた体にやさしいよね。
疲れてなくても大歓迎だけど・・・。

⑥来宮神社 ⑦老舗『一楽』詳しい記事は→「熱海でパワーアップ~2000年の歴史と老舗の味~

以上のようなコースで熱海を散策っていうのはどうだろう?
みなさんオススメ「〇〇駅から徒歩で楽しむコース」、なんていうのがあったらぜひ教えてくださいね!

【番外編】

まさかの城?

熱海に城が・・・?
気合入れて「1万歩以上歩いてやろうじゃないのっ」って人にオススメかも。
RamPsはあそこの城まで行ってきたぞ。絶景にびっくり!

詳しくは→「vol.17【熱海】-JR東海道線の旅ー

 ※この記事は2012年1月に公開しました。


合わせて読みたい関連記事

 
ページトップへ